北海道保存車輌制覇の旅~1日目その1~


今回の旅の始まりは東京駅から
東京駅5:08発の京浜東北線電車で品川駅へ行き、品川駅5:26発の快特羽田空港行きで羽田空港へ向かう予定でした
ところが前日夜までアルバイトしていた管理人は馬鹿なことに寝坊し、5:08発の電車を逃してしまう大失態
これまで寝過ごして列車を逃すという事態はなかっただけに、旅の初日、一番初めに乗る列車を乗り逃すとは先が思いやられる展開です

 

「やばいやばい」と思いながらとりあえずやってきた東京駅5:17発の京浜東北線電車に飛び乗り、必死に時刻表を検索
このまま品川駅へ向かった場合次の羽田空港行きは5:39発のエアポート急行が最速ですが、羽田空港到着は6:01
管理人の乗る飛行機は6:25発の新千歳空港行きですから、荷物預けにかかる時間を考えると保安検査の通過締切に間に合うかは物凄く微妙です

 

この時点で「いやぁこれは厳しい」と思いつつ次に検索し始めたのは東京モノレールの時刻表
品川駅よりも先にたどり着ける浜松町駅から出発するモノレールならば、この難局を打開できるのではないかと踏んだのです
もっとも「品川~羽田空港11分!羽田へビュン!!」のCMが脳裏によぎる管理人は、「モノレール遅いからなあ……間に合うかわからんなあ……」と半信半疑でした
京急のCM・イメージ戦略にまんまとハマっています(笑)
実際のところ、日中運転されるエアポート快特はCMのとおり品川~羽田空港第3ターミナルを11分(第1・第2ターミナル駅までなら14分)で結ぶのですが、エアポート急行は京急空港線内各駅停車のために所要時間はモノレールとそこまで大差はつきません

 

京浜東北線電車が浜松町駅にたどり着くのは5:24、一番早く乗り継げるのはモノレール浜松町駅を5:30に出る各駅停車
羽田空港第1ターミナル駅に5:52に着くので、これならば少し余裕をもって荷物を預けることができそうです
ああよかった

 

ということで人生初の東京モノレール乗車です
浜松町駅を出てしばらくJR線と平行して走ったモノレールは、田町駅手前で進行方向左に大きくカーブしながら高度を下げて運河に突っ込んでいきます
ここでカーブしながら速度を上げていく様はまるでジェットコースター
左手に運河を見ながら首都高の下をくぐり、トンネルをくぐり、たくさん駐機されているLCCの機体を見つつ、羽田空港第1ターミナル駅に到着です
すぐさま駆け上がって荷物検査を済ませたのですが、保安検査を通り抜けたのは締切ギリギリの6:00過ぎ
2組の外国人客が大量の荷物を持っていたため、荷物検査に時間がかかりました
しかしまあどうにかこれで予定通り新千歳空港に向かうことが出来ます
ああ焦ったああああああああああああああああああ
このとおり焦っていたので、モノレールの社章であったり車輌であったりは全く撮らないまま飛行機に搭乗です

 

羽田空港6:25発のJAL501便に乗って約10分、落ち着きを取り戻して写真を撮る余裕も出てきました
機内で提供された飲み物のコップです
流石オリンピック・パラリンピックスポンサーのJAL、公式キャラクターの……名前なんだっけ……(ソメイティです)絵がプリントされています
機内放送も「パラリンピックに協賛しています!」なんてCAさんがアナウンスしていました

 

機内誌を読んでいてものすごく引っかかった部分です
開発元である三菱が事実上ギブアップしているMSJ(MRJからいつの間にか名前が変わっている)ですが、JALはまだ導入を諦めていないようです

 

飛行機は定刻よりわずかに早く新千歳空港に到着
ついて驚きました、土砂降りです
しかもかなり冷え込んでいる
さすが北の大地侮れない、長袖持ってきてよかったなどと思いながら、空港に併設されている「トヨタレンタカー新千歳空港店」でレンタカーの予約手続きです
無料送迎バスで10分ほど行った先にあるレンタカー店に着いたのは、予定よりもかなり早い8:15ころ
窓口で「お客様、申し込みでは免責補償制度に加入されていますが、1日550円の追加で安心Wプランにも変更することが出来ます、いかがなさいますか?」と聞かれ、「まあ熊にでもあたって最大5万取られるよりは3000円で済ませた方がましだよなあ」なんて軽い気持ちで、「じゃあそうします」と即決
「JTBポイントで旅行代金割り引いた分がこの補償サービスになると思えば安いもんか」なんてこのときは考えていましたが、これがのちのち大きく自分を救うこととなります
案内された車はなんとカローラスポーツ
てっきりハイブリット車のアクアに乗れるかと思っていただけに
「うわ燃費かさむよ」
と内心がっくりしましたが、「超長距離走るしスポーツカーの方がいいかもしれん」と無理やり納得しました
乗車前の確認を済ませていざ出発、最初に向かうは安平町の「道の駅 あびらD51ステーション」です